上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
ケーブルテレビの工事をしていて、常々思うのが「ブースター」という物がどんな物で家のどこにあるのか?という事に無知な方が多いという事です。

ブースターはテレビの電波を増幅させる機器です。


地デジブースター

こういった物が家の屋外の壁面や屋内の天井裏やユニットバスの点検口など

家によって付いている場所は様々です。
また、ブースターが必ず付いているとも限りません。

強電界の地域(テレビ塔からの電波を強く受ける事が出来る地域)ではブースター不要なケースもあります。

一般的な4LDKの一戸建ての家にはテレビの線を繋げる箇所が4箇所~5箇所くらいあると思います。

それぞれの箇所にアンテナ線(ケーブル)を配線して分ける為の機器が「分配器」です。

4箇所あれば4分配器、5箇所であれば6分配器が付いているのが一般的でしょう。


ブースターには普通の電化製品同様に電気を送ってあげないといけません。

屋内に設置の場合、ブースター取り付け位置の近くにコンセントがあれば、写真にあるコンセントプラグを直接挿せばOKです。


屋外に設置の場合は近くにコンセントがあるケースは殆どないと思います。

その場合は下の写真のように電源部と本体を分離します。

ブースターを分離

分離した「電源部」はテレビ端子に接続してそこからコンセントに挿して、テレビケーブルを通して電気を送ります。

電源部の取り付け方

上記の写真のようにブースターに電気を送れる箇所は1箇所しかありません。

これは分配器に電気を通す箇所が1箇所しかないからです。

詳しくは「ブースターの配線方法」をご覧下さい。

上記の写真はこちらから引用しました。
地デジに対応したブースター

RSSフィード iGoogleに追加 MyYahooに追加 Twitter はてなブックマークに追加

広告

NEXT Entry
東海エリアの光ネット回線ならコミュファ光がオススメ!
NEW Topics
東海エリアの光ネット回線ならコミュファ光がオススメ!
「地デジブースター」とはどういう物なのか?
落雷でテレビが映らなくなった対応に追われていました。
地デジの電波は強ければいいってものではない
強い風が吹くと地デジが映らなくなる
Comment
Trackback
Comment form
 管理者にだけ表示を許可する

CALENDaR 12345678910111213141516171819202122232425262728293031
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。