FC2ブログ
上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
テレビ配線の接続に使用されるf型コネクタ

シールド制が高く外部からの流合雑音を防ぎ安定した電波を届けてくれます。

f型コネクタにも色々と種類があるのですが、一般的には簡易型の物が使用されています。

色々と便利なf型コネクタなのですが、ちゃんとした工法で使用しないと思わぬ所で障害を発生する可能性があります。
f型コネクタの接続はネジ式になっています。

手でくるくると回して最後にスパナ等でしっかりとかしめます。

この最後のかしめをしっかりせず、手締めになっていると序所に緩んできて接続障害を起こし地デジが映らない等の症状がでたりします。

アナログ放送の時は多少の接続部分のロスはテレビの映りに大きな影響を与えませんでしたが、
(多少画像が荒くなってもテレビを見る事はできた)

デジタル放送になった今となっては0と1の世界、映るか映らないかがハッキリ出てしまいます。

ご自身でf型コネクタを作って接続する際などは、手抜きや締め忘れがないようにしましょう。














PR
ホワイトニング 岡崎市「たつみ歯科」の口コミ
RSSフィード iGoogleに追加 MyYahooに追加 Twitter はてなブックマークに追加

広告

NEXT Entry
強い風が吹くと地デジが映らなくなる
NEW Topics
東海エリアの光ネット回線ならコミュファ光がオススメ!
「地デジブースター」とはどういう物なのか?
落雷でテレビが映らなくなった対応に追われていました。
地デジの電波は強ければいいってものではない
強い風が吹くと地デジが映らなくなる
Comment
Trackback
Comment form
 管理者にだけ表示を許可する

CALENDaR 12345678910111213141516171819202122232425262728293031
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。