FC2ブログ
上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
この時期に多い地デジのトラブル

秋から冬にかけて多く発生するテレビの受信障害の一例として「ケーブルの曲がりや、接触不良による障害」があります。

特に昼間は普通にテレビを見れるのに夕方~夜に掛けてテレビが映らなくなってしまうのは上記が原因の一つと考えられます。
テレビの画面に「電波を受信出来ません E202」等のメッセージが出てくるはずです。

同軸ケーブルの特性として、気温の変化によってケーブルが伸び縮みします。

昼間と夜の気温差が激しいこの時期は、昼間に延びて夜に縮むため、ちょっとした接触不良が起こりやすいのです。

ケーブルが曲がったり折れたりしている部分は経年劣化によってどんどん障害が現れやすくなります。

今の時期に昼間はよくて夜は見れなくなるのが頻繁に発生する場合は、電気屋さんやCATV等の加入会社に連絡してみてもらう事をオススメします。
RSSフィード iGoogleに追加 MyYahooに追加 Twitter はてなブックマークに追加

広告

NEXT Entry
最近のCATVチューナーの性能
NEW Topics
東海エリアの光ネット回線ならコミュファ光がオススメ!
「地デジブースター」とはどういう物なのか?
落雷でテレビが映らなくなった対応に追われていました。
地デジの電波は強ければいいってものではない
強い風が吹くと地デジが映らなくなる
Comment
Trackback
Comment form
 管理者にだけ表示を許可する

CALENDaR 12345678910111213141516171819202122232425262728293031
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。